Making of fuchsia

日本ではK18が使われる事が多いジュエリーですが、

fuchsiaが敢えて選んだのは

K10PG(ピンクゴールド)。

K18PGよりも発色が良く、その柔らかな色合いが、馴染みが良くて肌を美しく見せてくれるから。

でも、それだけではありません。 実はK10PGという素材はジュエラーにとっては扱い難い素材で、

加工したくないとまで言う人もいるほど。

その硬さのせいで加工途中で亀裂が入ってしまう

など、なかなかの厄介な素材なのです。

それでもその硬度と靭性は、傷つきにくく、

華奢な作りにしても丈夫であること…

日常生活で使ってい欲しいジュエリーには、

欠かせない特質なのです。

毎日を彩るジュエリーである為に〜

fuchsiaのこだわりのひとつです。

IMG_8376.JPG
IMG_8810.jpg
IMG_9529.jpg
IMG_8805.jpg